気品と野性が同居するデリヘル嬢

気品と野性が同居するデリヘル嬢

投稿日:2016年2月1日  カテゴリ:風俗

「草食系男子」という言葉を見聞きする機会があります。女性が年々強くなり、男が弱体化しているような感じです。確かにそんな男も多いのですが、女性は元来から強いと思うのです。

今まで表立ってなかっただけで、特に「性」に関する部分は男以上に野性が残っていると思うのです。例えば風俗も然りです。風俗の枠組み自体は男が作ったかもしれませんが、それを「利用」しているのは稼ぐ側の女性のような気もします。

以前とある風俗での出来事です。ごく普通のデリヘルでした。来たのは20代後半の嬢です。白のブラウスが似合う、気品が感じられる嬢でした。下着も白で、またよく似合うんです。見た目はそんな感じですが、裸になると一変したのです。

フェラの時、躊躇する嬢も多い中、当たり前のように「パクッ」と咥えてきます。クンニ中の喘ぎ声も唸るような声です。「あんあん」では無く「んんーんんー」と動物のうなり声のような、ちょっと低い声なのです。

気品と野性が同居する嬢は、僕を何度も骨抜きにしたのでした。